ガスの爆発危険性

最小発火エネルギー

圧力の上昇とともに著しく低下し発火が起こりやすくなるが、逆に減圧下では増大する為、発火が起こりにくくなる。温度が高いほど最小発火エネルギーは小さくなる。

消炎距離

可燃性混合ガス中を伝播する火炎が細い管や狭いすき間に進入すると、周囲の壁で冷却されて火炎が維持できなくなり消炎する。火炎が消炎する最大の隙間距離を消炎距離という。

最大安全隙間

配管内や容器中の爆発火炎の場合は火炎とともに圧力が発生するため、消炎するためには消炎距離よりも狭いすき間が必要となり、この大きさを表す指標を最大安全隙間と言う。

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。