製造者区分について

高圧ガスを製造するに当たって、事業所の処理能力によって、製造者区分が変わってきます。
第一種ガス(基本的に不活性ガス)を300立米以上処理する場合は、第一種製造者。それ以下は第二種製造者
第二種ガス(一種以外のガス)を100立米以上処理する場合は、第一種製造者。それ以下は第二種製造者
また第一種ガスと第二種ガスが混ざっている場合は、処理能力が100立米以上300立米以下で、「100+2*第一種ガスの処理能力/3」←式以上の全体の処理能力であった場合は、第一種製造者、それ以下は第二種製造者となります。 (下記画像参照)

arthrswthrth

製造開始するまでの第一種製造者と第二種製造者の違いは下記画像の様になります。 第一種製造者となった場合は、都道府県知事に製造の許可を得なければなりません。 第二種製造者となった場合は、20日前までに都道府県知事に製造の届出を出さなければなりません。

完成検査は、新規設置のタンクなどに欠陥が無いかどうか非破壊検査等で調べる事です。 新規設置の場合は、外部機関に完成検査を実施してもらわなければなりません。 設置してから2年経過している施設に関しては、「認定完成検査実施者」資格を取得している場合、自分達で実施することが出来ます。(記録の届出不要

製造中は基本的に、従業員に対して教育的なものを実施しなければなりません。(保安教育計画書作成(一種製造者))

定期自主検査は高圧ガス設備以外の設備についても検査しなければなりません。 定期自主検査記録の保存期間は定められていません

sherhbsraefbh※「処理」とは、圧縮・液化・気化・充填などの事を指します。

スポンサーリンク
ad
ad
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。